法律を身近にとらえます

喫煙に関する法律について

喫煙に関する法律として、未成年者喫煙禁止法が挙げられます。
この法律は、20歳未満の未成年者の喫煙を禁止することを目的として施行された法律です。
法律の対象となる者は、未成年者だけでなく、親や煙草を販売した者などといった、広い範囲で罰則が科せられることになっています。
例えば、未成年者が喫煙していることを知っていながら、それを制止しなかった親などは、刑事罰に処せられることになります。
未成年者の喫煙は、身体に悪影響を与えることにも繋がるため、その未成年者の周囲の人は、喫煙の事実を確認した場合は、必ず制止することが必要となってきます。
また、未成年者が喫煙するということを知っていながら、煙草などを販売した者も、罰金が科せられることになります。
このように、未成年者が喫煙した場合は、その周囲の人間に様々な罰則が科せられることになるため、未成年者の周囲の大人たちは、適切な処置を講ずることが必要となってきます。